太っている人(肥満)の食習慣と思考回路。だからいつまで経ってもデブなんだ!

ダイエット

太っている人(肥満)の食習慣と思考回路。だからいつまで経ってもデブなんだ!

「そんなに食べてないのに、体質が太りやすいんだ」

そんなおデブちゃんの言葉は聞き飽きました。

どうも、筋トレコンシェルジュのやまピコです。

私のまわりにも、痩せたいが口癖の万年おデブちゃんがたくさんいます。

もちろん遺伝や体質で太りやすい人はいますが、あきらかに太りやすい食習慣や思考回路を持ったおデブちゃんが多いです。

よし、ダイエットをしよう!と思って突発的に行動しても長続きしないことは目に見えています。

おデブ脱却のポイントは、食習慣と思考回路を正すだけです。

今回は、おデブちゃんの食習慣と思考回路を紐解き、痩せるためのコツをご紹介します。

それでは、いきましょう!

太っているの基準は?

太っているの基準は?

そもそもあなたは、太っているのか標準なのか痩せているのか、どのグループに属しているか知る必要があります。

まずは、どこからが肥満の仲間入りなのか、体脂肪率とBMIの両面から見ていきましょう。

体脂肪率から見る基準

体脂肪率とは、体重に対し皮下脂肪と内臓脂肪との合計重量の割合のことを言います。

体脂肪の評価基準は下の表のとおりです。

 男性女性
やせ型~14.9%~24.9%
標準15.0%~24.9%25.0%~34.9%
肥満25.0%~35.0%~

体脂肪率は多すぎても良くないですが、体脂肪率が低すぎても、健康に支障をきたします。

体脂肪には、エネルギーを蓄えたり、体温を維持したり、ホルモン分泌を正常にコントロールしたりと、多くの役割もあるからです。

そのため、低すぎず高すぎずの、適正値を保つことが大切です。

BMIから見る基準

BMIとは肥満度を表す指標で、Body Mass Indexの略です。

国際的な体格指数として認められているものです。

計算式は、

BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗

BMIの評価基準は、下の表のとおりです。

BMI(肥満度)判定
~18.4低体重
18.5~24.9普通体重
25.0~29.9肥満(1度)
30.0~34.9肥満(2度)
35.0~39.9肥満(3度)
40.0~肥満(4度)

BMIは、身長と体重から単純に算出しているので、体についているのが筋肉なのか脂肪なのかが判別つきません。

筋肉量が多すぎるとBMIが高くなるので、肥満に分類されてしまいます。

なので、BMIと体脂肪率をあわせて見ることで、太っているかどうかが判断できます。

太っている人の悪い食習慣

太っている人の悪い食習慣

遺伝や体質で太りやすいと思っている方もおおいですが、実は無意識に太りやすい食習慣が身についているのです。

それらを認識していないと、いつまでたってもおデブちゃん人生まっしぐらになりますよ。

外食や飲み会の頻度が多い

社会人になると、どうしても外食や飲み会に行く機会が増えます。

外食は、美味しさを追求するあまりカロリーや塩分が高い傾向にあります。

また、飲み会ではどうしてもお酒を飲むと無意識に食事が進んでしまいます。

飲み会後のラーメンなんて最悪です。

付き合いと言っても、自分の体を壊してまで付き合う必要はないでしょう。

炭水化物や揚げ物が好き

炭水化物と揚げ物は、おデブちゃんの天敵です。

生活の中で、炭水化物と揚げ物を排除するだけで痩せる人が続出するでしょう。

昼はラーメンとチャーハンのセット、コンビニの揚げ物を無意識に買っているなんてこと、心当たりありますよね?

毎日の小さな積み重ねが、脂肪を増やしていくのです。

夜21時以降に食事

夜の食事時間が就寝時間に近いほど、太りやすい体をつくります。

その理由の一つとして、食事の時間が遅いと食後の活動量が少なく、食べたものがそのまま体脂肪として蓄積されやすくなります。

もう一つの理由が、脂肪細胞に脂肪をためこむ働きのあるたんぱく質が、日中よりも夜に活発に活動することがわかっているからです。

ながら食べをする

最近よく見かけるのが、スマホを触ったまま食事をする「ながら食べ」の人。

実はこれ、太る原因になっているのです。

ながら食べは、食事に集中していないため、ついつい食べすぎてしまう傾向にあります。

また、視覚から食事の情報が失われるため、満腹感を感じにくくなるとも言われています。

空腹を待たずして食べてしまう

基本的に、空腹がきてから食事をするというサイクルが適切です。

しかしおデブちゃんの食習慣は、空腹じゃなくても時間がきたから食べるというサイクルになっています。

また、満腹じゃないことに不満を感じ、常に間食をして満腹状態を維持する方も多いです。

食事は、しっかりお腹が空いてから行うようにしましょう。

太っている人の悪い思考回路

太っている人の悪い思考回路

生活習慣とは別に、太りやすい人の思考回路は共通している点があります。

もしかするとあなたも、考え方ひとつで太っているのかもしれませんよ。

とにかく言い訳が多い

言い訳が多いという点が、おデブちゃんに多い典型的な特徴です。

言い訳が多いということは、素直になれないということ。

または、言い訳をして行動に移さない人が多いということ。

ダイエットができない言い訳、太ってしまう習慣の言い訳をして、「仕方ないよね」と痩せられない自分を正当化します。

言い訳をやめることが、痩せる第一歩です。

カロリーの過剰摂取を認識していない

おデブちゃんは、日中に間食も多く何を食べたか覚えていない方が多いです。

覚えてないということは、自分ではあまり食べていないという認識に変換されます。

実際に食べたものを記録してみてください。

見返した時に、こんなにも食べているのかと驚愕しますよ。

人より食べれることに優越感を感じている

小さい頃からおデブちゃんだった人は、幼少期時代によく食べて褒められた記憶が鮮明に残っています。

この褒められた優越感が、実は心の奥底に残っていて、食べれる男=男らしいと勘違いを引き起こしているのです。

いっぱい食べて太っている大人は、自己管理ができないダラシない大人という印象を与えるので、幼稚な考えは捨てた方がいいですよ。

もったいない精神の貧乏性

私も昔はそうでしたが、せっかくお金を出してたべるなら量が多い方が得という思考回路でした。

この、もったいない精神の貧乏性はおデブちゃんへの引き金となります。

「ご飯大盛り無料」とか「おかわり無料」という言葉に踊らされず、「ご飯少なめで!」と言える男気を持とう。

なんでも後回しにするクセがある

おデブちゃんは、私生活でも仕事でも後回しにする傾向にあります。

簡単にいうと、何をするのも行動が遅くとろいということ。

いざダイエットを始めようと決めても、明日から頑張ると後回しにして、結局やらないというパターン。

思い立ったらすぐに行動することが、痩せ思考への第一歩です。

太っていると損することが多い

太っていると損することが多い

太っている人は知らず知らずのうちに、損をしていることが多々あります。

自覚がないことも多いので、私がハッキリと気をつかわずに説明していきましょう。

第一印象で損をする

いつも脂汗をかいている太っている人と、スマートでパリッとした服をきている人、どちらの印象がいいでしょうか。

もちろん、後者に決まっています。

おもそも、太っている人は不潔なイメージを相手に持たせます。

特に私のような営業マンの場合、第一印象や清潔感はめちゃくちゃ大事で、取引にも直結することもあります。

もし、思い当たる節があるなら、それは太っていることが原因ではないでしょうか。

体が疲れやすい

太っていると、身体が重く血流も悪いので、すぐに疲れてしまうというのも難点。

アクティブに動くことを避けるようになるので、行動範囲もどうしても狭くなってしまいます。

もっといろいろなところへ行って思いっきり楽しみたいのなら、その体型から抜け出すことが先決です。

また、普段の疲れだけではなく、肥満は脂肪リスクをあげることはご存知ですよね。

いつまでも元気にいたいのであれば、痩せることが前提です。

異性にモテない

おデブちゃんが必ずしも、異性にモテないと言っているわけではありません。

おでぶちゃんでも、それをカバーする能力があれば異性は惹かれます。

ただ、そんなモテるおデブちゃんは稀です。

もし、あなたが異性にモテたくて人生を華やかにしたいのであれば、痩せることが最短ルートだと思いますよ。

デブ脱却のコツ

デブ脱却のコツ

ここまで読んでいただいた方は、もうデブ人生とはサヨナラしたいと考えている人でしょう。

ただ、闇雲にダイエットを始めてもゴールが見えず挫折してしまうのが目に見えています。

そこで、確実に痩せれてデブを脱却するコツをご紹介します。

とにかく私を信じて、実践してもらえれば結果は必ずついてきます。

それでは、いきましょう!

有酸素運動と筋トレを組み合わせる

ダイエットといえば、ランニングなどの有酸素運動を思い浮かべると思いますが、実は筋トレを取り入れることで、最強のダイエットへと生まれ変わります。

筋トレをすることにより筋肉量が多くなりますが、この筋肉が体の代謝を上げてくれるのです。

代謝が上がるということは、痩せやすく太りにくい体をつくってくれます。

一番有効的な方法は、まず筋トレをし代謝をあげ、その後に有酸素運動で脂肪を燃焼させるという流れです。

詳しいことについては、下の記事を参考にしてください。

プロテインを活用する

プロテインと聞くと、マッチョが飲んでいるイメージですよね。

それはとんだ間違いで、プロテインはダイエットをサポートしてくれます。

プロテインのメリット

・筋肉量をアップさせ代謝を上げてくれる
・プロテインは朝食の代わりになる
・美容効果もある

ダイエットを加速したい方は、ぜひプロテインの活用を。

腸内環境を整える

腸内環境が悪いと、どうしても太りやすい体になります。

腸内は、善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌の数が増えるほど痩せやすくなります。

善玉菌を増やすには、ヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌など、乳酸菌を多く含む食材を取り入れましょう。

また、オリゴ糖を多く含むゴボウや玉ねぎ、にんじん、バナナも、善玉菌を増やしてくれます。

ぜひ、腸活をして痩せやすい腸内環境にしていきましょう。

コンビニ飯を活用

ご存知でしたか?

コンビニはダイエット食の宝庫ということを。

私は過去に、3ヶ月で12キロ減量に成功しましたが、このコンビニ飯なしでは達成できなかったでしょう。

おすすめのコンビニ飯

・サラダチキン
・ゆで卵
・おでん
・健康おにぎり
・ザバス ミルクプロテイン
・おかずサラダ

お昼のラーメンや丼を控えて、コンビニ飯を取り入れるとダイエットが加速します。

ぜひ、お試しください。

最終兵器は「ライザップ」

短期間で体を変えたいなら「ライザップ」

「就活まであと3ヵ月しかない!」

そんな時間に余裕がない方は、最終兵器のライザップに頼るしかありません。

もし、太っていて容姿に自信がない方は、ライザップに2ヶ月通えば別人に生まれ変わります。

私の知り合いもライザップでトレーナーをしておりますが、厳しい研修やテストをクリアできないとトレーナーになれないようです。

価格は決して安いとは言えませんが、短期間でトレーニングのノウハウを学べ、短期間で体を変えれると思えば、コスパはかなり良いでしょう。

就職活動という人生の分岐点で成功を勝ち取るなら、控えめに言って安すぎます。

どうしても人生を勝ち取りたいなら、無料のカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

おデブちゃんの習慣や思考回路について、ご理解いただけましたか。

少し厳しい表現もあったかと思いますが、私も元々はおデブちゃんで、太っている人の気持ちがよくわかります。

だからこそ太っている人へ、痩せた時の喜びや世界観を味わってほしいのです。

できない言い訳を探さずに、痩せたいと思うのであれば、すぐに行動へ移しましょう。

その第一歩があなたの人生を変えるかもしれません。

それでは、あなたの体が健康的でカッコよくなることを心から願っております☆彡

筋トレコンシェルジュ やまピコ

ダイエット

Posted by yamapco