【2020年版】自宅で人気のチンニングスタンドおすすめ5選!家で筋トレ、ジムいらず!

2020年4月29日筋トレ, 筋トレグッズ

【2020年版】自宅で人気のチンニングスタンドおすすめ5選!家で筋トレ、ジムいらず!

「筋トレで懸垂がいいって聞くけど、公園の鉄棒でするのは恥ずかしいな…」

どうも、筋トレコンシェルジュのやまピコです。

懸垂は、主に背中と腕を鍛えることができる種目でバリエーションも多くあります。

でも、公園の鉄棒でするのも何か恥ずかしいですよね。

そんなアナタのお悩みを解決してくれるのが、チンニングスタンドです。

この記事でわかること

・チンニングスタンドの魅力

・チンニングスタンドの選び方

・筋シェルジュ厳選のチンニングスタンド

記事を読み終わった頃には、チンニングスタンドが欲しくてたまらなくなっているはず。

自宅で懸垂ができるチンニングスタンドで、鬼の背中を目指しましょう。

チンニングスタンドの魅力

チンニングスタンドの魅力

チンニングスタンドとは、腕や足を使って体を鍛える筋トレグッズです。

別名、懸垂マシンマルチジムとも呼ばれ、一昔前ではぶら下がり健康器と言われていました。

公園の鉄棒を使ったトレーニングが、自宅でできるように販売されたのです。

そのチンニングスタンドの魅力についてお話しましょう。

チンニングスタンドの魅力

・鍛えるのが難しい背筋に効く

・人目を気にせずトレーニングができる

・雨の日も自宅でトレーニングできる

・使い方は様々で全身を鍛えることができる

それでは、チンニングスタンドの魅力について詳しく説明していきましょう。

鍛えるのが難しい背筋に効く

筋トレ器具を使わずに背筋を鍛えるのは、すごく難しいです。

王道の筋トレグッズであるダンベルでさえ、背筋を鍛えるのは経験が必要。

やはり、背筋を鍛えるには懸垂が一番効果的で、そこで活躍するのがチンニングスタンドなのです。

グリップ部分が滑りにくいものがほとんどで、安全な状態で背筋を鍛えることができます。

人目を気にせずトレーニングができる

公園で懸垂するのもジムで懸垂するのも、筋トレ初心者の方は恥ずかしいですよね。

自宅にチンニングスタンドがあれば、そんな心配はなく自分のペースでトレーニングできます。

また、公園やジムに行く移動時間も節約できますね。

雨の日も自宅でトレーニングできる

雨の日に外に出てトレーニングするなんて嫌ですよね?

ジムに通っている方も、雨の日はサボりがちです。

自宅にチンニングスタンドがあれば、雨にも左右されずモチベーションが保つことができます。

使い方は様々で全身を鍛えることができる

チンニングスタンドは、何も背筋を鍛えるだけのものではありません。

マルチジムと呼ばれているほど、全身を鍛えることができます。

使い方はさまざまなので、メニューをマスターしていくのも楽しみの一つになってきますよ。

 

チンニングスタンドの選び方

チンニングスタンドの選び方

チンニングスタンドは筋トレグッズの中でもサイズが大きく、けっして安いものではありません。

低価格だからとか、レビューが高いからという理由だけでは、必ず失敗します。

ここでは、あなたがチンニングスタンド選びに失敗しないポイントをご紹介します。

チンニングスタンドの選び方

・耐荷重量をチェック

・フレームの安定感をチェック

・大きさと高さをチェック

・機能性をチェック

それでは、ひとつずつご説明していきましょう。

耐荷重量をチェック

チンニングスタンドは、反動をつかった激しいトレーニングに使う器具なので、耐荷重量は必ずチェックが必要です。

耐荷重量は、どれだけの重量に耐えれるかという目安です。

チェックする際に気をつけたいのが、自分の体重だけで考えないこと。

筋トレにより体重が増えたり、より負荷をかけるために重りを使用したりすることを想定して、体重+40㎏〜50㎏の対価重量のものを選びましょう。

器具の故障やケガの原因にもなるので、耐荷重量は1番重要なチェックポイントと言えます。

フレームの安定感をチェック

耐荷重量の次に大事なのが、フレームの安定感です。

反動を使うことも多いので、安定していないと安全に使用ができず、ケガをしてしまう危険性があります。

安定性はフレームの太さサブフレームの数が関係してきます。

フレームが太ければ太いものほど安定性が高まります。

また、サブフレームの数が多いと負荷が分散されるので、サブフレームの数もチェックが必要。

大きさと高さをチェック

チンニングスタンドは、基本自宅に設置する人が多いと思います。

部屋が広い方はいいですが、ワンルームなどの狭い部屋の方は大きさや高さのチェックは必須です。

大きいチンニングスタンドの方が幅広いメニューに対応していますが、省スペースでも設置できるものも増えてきています。

部屋の大きさと相談しながら、自分に合ったものを吟味しましょう。

機能性をチェック

近年ではチンニングスタンドも進化しており、多くの機能性をもったタイプも増えてきました。

背筋と腕だけを鍛えるノーマルタイプではなく、腹筋や胸を鍛えることができるマルチタイプというものがあります

マルチタイプの中には、ベンチプレスやスクワットに対応したバーベルが使用できるものもあります。

トレーニングの幅を広げたい方は、機能性の高いマルチタイプがおすすめです。

 

筋シェルジュ厳選のチンニングスタンド

チンニングスタンドを愛してやまない私から、厳選のアイテムをご紹介しましょう。

先ほど解説した「選ぶポイント」を頭に入れていただき、あなたに合ったチンニングスタンドを見つけてください。

それでは、いきましょう!

【第5位】YouTen ぶら下がり健康器

参考価格:7,980円

【第5位】YouTen ぶら下がり健康器

コストパフォーマンス重視の方におすすめ!

YouTen ぶら下がり健康器は、コストパフォーマンスに優れたマルチチンニングスタンドです。

高さ調整については、7段階調節ができるので、男性だけではなく女性にもおすすめです。

安定性については、H型支柱を採用し従来品に比べてパイプの厚みを40%増量することによって、安定性を高めています。

耐荷重量については100kgですので、大柄の男性の方は控えた方が良いでしょう。

比較的安く購入でき、懸垂だけではなく腹筋や腕立ても出来ることから、筋力トレーニング初心者〜中級者におすすめなチンニングスタンドです。

サイズW1030mm×D750mm×H1960~2260mm
重量17.8kg
耐荷重100㎏
高さ調整7段階

【第4位】バランスボディ研究所  懸垂 どこでもマッチョPRO

参考価格:9,999円

【第4位】バランスボディ研究所  懸垂 どこでもマッチョPRO

ドアさえあれば、どこでも懸垂ができる!

バランスボディ研究所  懸垂 どこでもマッチョPROは、自宅のドアをチンニングスタンドに変えられる懸垂バーです。

ドア枠にひっかけるだけで、取り付けに穴あけや工具が不要ですし、すぐに使えてすぐに片づけられるのが魅力的。

物自体は小さいですが、耐荷重量が110kgなので安心してお使いいただけます。

コンパクトサイズで軽量なため、チンニングスタンドを置くスペースがない方におすすめです。

サイズW940mm×D500mm×H290mm
重量3.85kg
耐荷重110㎏
高さ調整3段階

【第3位】BangTong&Li 懸垂マシーン

参考価格:13,980円

【第3位】BangTong&Li 懸垂マシーン

高品質クッションが体を守る!

BangTong&Li 懸垂マシーンは、背もたれや肘起きクッションやハンドルの滑り止めなど、体への負担を軽減する工夫がされたチンニングスタンドです。

耐荷重量も150㎏なので、大きな体の方でも本格的なトレーニングが可能となっています。

見た目も高級感があり、部屋に置いた時の存在感は惚れぼれするほどです。

「トレーニングを快適に行ないたいし、見た目も高級感ある方が良い」という方におすすめです。

サイズW1000mm×D650mm×H1940~2140mm
重量22.5kg
耐荷重150㎏
高さ調整6段階

【第2位】SINTEX 懸垂マシンⅢ

参考価格:26,130円

【第2位】SINTEX 懸垂マシンⅢ

最高級の家庭用チンニングスタンド

SINTEX 懸垂マシンⅢは、耐久性・安全性・トレーニングの幅、すべてに置いて最高ランクのチンニングスタンドです。

レビューでは「4年使用しているが壊れる気配がまったくない」との書き込みがあるほど頑丈です。

様々な部位をトレーニングできるように設計されており、トレーニングの幅も広がります。

他のチンニングスタンドと比べると少々お値段は張りますが、コスパで考えれば安いと言えるでしょう。

長い期間使えて耐久性も優れていることから、ご家族みんなで使いたいという方におすすめです。

サイズW1120mm×D1380mm×H2180mm
重量37kg
耐荷重100㎏
高さ調整なし

【第1位】STEADY マルチ懸垂マシン

参考価格:14,980円

【第1位】STEADY マルチ懸垂マシン

楽天市場総合ランキング1位獲得!

堂々の第一位STEADY マルチ懸垂マシンは、プロのパーソナルトレーナーの坂本季生氏と共同開発して生まれたチンニングスタンド。

他社品を徹底研究した中で、「自分自身が使いたい」というテーマで作られており、本当に隙のないチンニングスタンドです。

「トレーニングの使用感」「耐荷重150kgの安定性」「組立のしやすさ」「見た目のデザイン性」に絶対的な自信。

プロのトレーナーと開発しただけあり、トレーニングのしやすさに細部までこだわっています。

価格もお手頃ですので、チンニングスタンドで迷ったときはSTEADY マルチ懸垂マシンの1択で間違いないでしょう。

サイズW1060mm×D950mm×H1900~2110mm
重量24kg
耐荷重150㎏
高さ調整7段階

 

まとめ:チンニングスタンド

チンニングスタンドについて、いかがでしたでしょうか?

筋トレグッズの中では、けして安くないですし場所も必要です。

ただ、チンニングスタンドの魅力を知ってしまった以上、手に入れない選択肢はないでしょう。

記事のおさらい

・チンニングスタンドの魅力は「背筋に効く」「人目が気にならない」「雨にも負けず」「全身を鍛えられる」!

・チンニングスタンドの選ぶポイントは「耐荷重量」「安定感」「大きさ高さ」「機能性」をチェック!

・筋シェルジュ厳選のチンニングスタンドは間違いない!

チンニングスタンドがあれば、あなたの体は爆速で成長します。

また、他の筋トレグッズも探しているという方は、下の記事も参考にしてください。

それでは、あなたの体が健康的でカッコ良くなることを心より願っております☆彡

筋トレコンシェルジュ やまピコ

筋トレ, 筋トレグッズ

Posted by yamapco