お酒を飲むとアルコールで筋肉が分解される!筋トレとお酒の知られざる関係とは?

2019年9月13日健康, 筋トレ, 食事

お酒好きのトレーニーに訃報です。

「アルコールは筋肉を分解します」

どうも、お疲れ様です!筋トレコンシェルジュやまピコです。

今回の議題は、私も大好きなお酒と筋肉の関係についてです。

お酒が大好きな人は、何があろうと毎日欠かさず飲みますよね。

逆に飲まない日があると、体調をくずしてしまいそう…なんて思ってますよね。

しかし!

筋トレをする上で、お酒と筋トレの関係はしっかり理解しておくべきです。

お酒が筋肉にどのような影響を与えるか、そしてお酒とどのように付き合っていくべきか解説します。

それではいきましょう!

お酒に含まれるアルコールは筋肉を分解する!?

アルコールが筋肉を分解するということは、紛れもない真実です。

お酒が好きで、普段から筋トレしている方にとっては、怖い話ですよね。

実際に、研究の結果として証明もされているものもあります。

主にお酒が筋肉に良くないとされている理由が以下の3つです。

アルコールが筋肉に悪影響の理由

・コルチゾールの働きで筋肉の分解を促進
・テストステロンの分泌を抑制する
・タンパク質の吸収を妨げる

それでは一つずつご説明していきましょう!

コルチゾールの働きで筋肉の分解を促進

筋肉分解の最大の敵は「コルチゾール」というホルモンです。

このホルモンは別名「ストレスホルモン」とも呼ばれ、精神的・肉体的なストレスを感じた時に大量分泌されますが、限度を超えた飲酒によって分泌されることがわかっています。

コルチゾールは、血糖値をコントロールする働きがあり、糖を生み出すために筋肉の分解を促進してしまいます。

筋肉を分解するということは、筋肉量の低下につながり、筋トレの効果を邪魔するということです。

筋トレしている方は、コルチゾールの存在を知っておくべきですね。

テストステロンの分泌を抑制する

筋肥大には、男性ホルモンの一種「テストステロン」の存在が欠かせません。

このテストステロンは、摂取したタンパク質を合成させ筋肉を作るという働きを持っています。

しかし、大量にお酒を飲むと分泌量が低下し、筋肉増量の妨げになるといわれています。

また、テストステロンはやる気や闘争心といった精神的なサポートもしてくれるホルモンです。

お酒の摂取でテストステロンの分泌が減ると、肉体的にも精神的にも影響があるので深刻な問題です。

タンパク質の吸収を妨げる

トレーニーにとって欠かせないのが「タンパク質」

なぜかというと、アルコールは肝臓で分解と代謝がされるため、アルコールの摂取量が多ければ、他の成分の分解や代謝をおこなう暇がなくなるからです。

特にタンパク質は筋肉増量に欠かすことができない成分ですので、この成分の体内量が不足すれば筋肉の生成は行われないということになります。

特に、筋線維を修復するトレーニング後の飲酒は控えた方がいいと言えます。

アルコールは、このタンパク質の吸収を邪魔する天敵と覚えておきましょう。

この後ご紹介しますが、 肝臓に対して効果のあるサプリメントを摂取するというのも手です。

筋トレとお酒は上手に付き合おう!

ここまでで、お酒と筋肉の関係を理解して頂いたと思います。

しかし、だからと言ってお酒を全く飲んではいけないというわけではありません。

急に断酒をしても、ストレスがたまって逆に体を壊してしまいます。

上手に付き合うには、次の3つを意識してください。

お酒と上手く付き合うコツ

・飲む量や濃さを調整する
・醸造酒より蒸留酒を選ぼう
・筋トレの日は飲まない

それではご説明していきましょう!

飲む量やアルコール度数を調整する

当たり前のことですが、飲む量やアルコール度数を調整しましょう。

少量であれば、筋肉への影響を受けないとされる研究もあります。

しかし、量が少なくてもアルコール度数が高いものは筋肉に悪影響をもたらすので、なるべくアルコール度数が低いものを選んでください。

飲んでいる最中に水を飲むと深酒を防ぐことができますし、肝臓の負担も軽くすることができますので一石二鳥です。

醸造酒より蒸留酒を選ぼう

醸造酒のような糖質の入ったものや不純物が混ざっているものは、肝臓の負担を大きくします。

醸造酒とは、ビールやワイン、日本酒、カクテル、サワーなどがあげられます。

逆に糖質が少ない焼酎やウイスキー・ハイボールなどの蒸留酒を選ぶようにすることで、不純物の摂取も回避でき体脂肪の蓄積を防ぐことができます。

私は、筋トレを始めてからは焼酎オンリーと決めています。

筋トレの日は飲まない

筋トレをして筋繊維が回復するタイミングは、お酒を飲まないことをお勧めします。

なぜなら、トレーニング直後は筋肉の合成が高まる重要な時間帯だからです。

そのタイミングではアルコール摂取は避け、プロテインなどタンパク質をしっかり摂取するようにしてください。

お酒を大量に飲むと筋肉に悪影響があることは理解していただいたと思います。

「筋トレ行った当日にはお酒を飲まない」「お酒を飲んだら完全にアルコール成分が抜けるまで筋トレはしない」など、このようなルールをご自身で作ってみると良いでしょう。

せっかくの筋トレの成果を台無しにしてしまわないためにも、お酒を飲むのならそれが筋肉に与える影響についても頭に入れて、お酒と上手に付き合いましょう。

お酒を飲みたければサプリメントを活用すべし!

お酒が筋肉に悪影響を及ぼすことを理解しているけどお酒がやめれないという方は、サプリメントを活用すると良いでしょう。

私自身、無類のお酒好きでどうしても飲みたい日はサプリメントを活用しています。

アルコールは、筋肉への悪影響だけではなく、私生活にも大きな影響を及ぼします。

アルコールでの私生活の悪影響

・お酒を飲みすぎた翌日は、体がだるい
・お酒を飲んだ翌日は、寝不足がち
・最近お酒が飲めなくなってきたし、抜けにくくなってきた
・お酒を飲むと肌が荒れる
・仕事などで集中力が欠如する

もし、この項目に1つでも当てはまるものがあれば、サプリメントを活用して改善した方が良いでしょう。

アルコール対策サプリは「エカス ekas」 一択

アルコールの飲みすぎサプリメントは、今からご紹介する 「エカス ekas」 一択で問題ございません。

私自身が摂取しているサプリメントで効果を実感しているだけでなく、世間の評価も高いサプリメントです。

エスカは、特許取得成分アルコケア、コメコサノール、ケンポナシエキス末を配合したアルコール代謝をサポートして、二日酔い防止をコンセプトとしたサプリメントです。

初回購入はお得なトライアル割引なので、お得で安心。

ビールやワイン、ウイスキー、日本酒焼酎の「飲みすぎで頭が痛い」「朝から気持ちが悪い」など、 翌日にまで支障をきたしてしまうつらい二日酔い。

アルコールに遺伝的に弱い方が多い日本においては、アルコールの酔っ払いや健康被害も見過ごせない事実です。

アルコールは筋肉にも悪影響を及ぼします。

飲み会のお付き合いが多い方、不調を自覚している方、筋トレの効果をあげたい方にはエスカが必需アイテムになります。

⇒「エカス ekas」 の公式ホームページはこちら

まとめ

筋肉とお酒の関係について、知らなかった人はビックリしたかもしれませんね。

皆さん、目的を持ってトレーニングしているわけですから、邪魔になるものは極力排除していきましょう。

そんな私もお酒が大好きですから、細心の注意を払っています。

筋トレは追い込んでも、飲酒はほどほどに。

どうしても、お酒を飲みたいという方はエスカを活用しましょう。

それでは、あなたの体が健康的でカッコよくなることを心から願っております☆彡

筋トレコンシェルジュ やまピコ

健康, 筋トレ, 食事

Posted by yamapco