【新常識】筋トレ後の疲労回復は…シャワーより断然お風呂!

2019年10月27日ダイエット, 筋トレ

お疲れ様です!筋トレコンシェルジュやまピコです。

トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、休息が大切ということは今や常識ですよね。

今回は、その休息の中でも普段から皆さんの日課となっている入浴にフォーカスをあてます。

ジム通いの方はシャワーで済ます方が多いと思いますが、筋トレ後はシャワーよりお風呂に浸かる方が休息の効果が断然高いと言われています。

なぜ、シャワーよりお風呂の方が効果があるのかご説明をし、より効果的な入浴のコツをご紹介いたします。

知識をつけていただき少し意識するだけで、良い体への近道になるでしょう!

なぜシャワーよりお風呂に浸かる方がいいの?

それでは、なぜお風呂に浸かる方が良いのか、その代表的な効果をご紹介します。

①温熱作用

お風呂に浸かって体を温めると、血液の流れが良くなり、程よく体温が上昇します。

これを温熱作用と言います。

この温熱作用で、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。

それにより、体内の老廃物や疲労物質が除去されたり、体のコリをほぐしてくれるという効果があります。

②静水圧作用

静止した水の中でかかる水圧のことを静水圧作用と言います。

この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。

この働きによって、むくみを軽減させる効果があります。

③浮力作用

プールや海など水の中に入ると、体が浮きますよね。

これを浮力作用と言います。

お風呂に浸かると浮力作用が生まれ、普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放されます。

見えない身体の負担を軽減することにより、心をリラックスさせる効果があります。

④清浄作用

お風呂に浸かると、毛穴がひらき皮膚の汚れを落としやすくなります。

これを清浄作用と言います。

美容効果はもちろん、肌を清潔にすれば病気の予防につながり、健康的にトレーニング続けることが可能となります。

効果的な入浴のコツとは?

それでは、お風呂に浸かるべき4つの作用を理解した上で、入浴のコツをご紹介します。

入浴のコツ① 温度は40℃で入るべし!

まずは入浴する際の温度ですが、40℃を基本としてください。

温度が低すぎると、温熱作用の効果が十分に発揮できません。

また、熱すぎると興奮状態になり、休息に必要なリラックス効果を得ることができません。

なので、40℃が適温とされております。

入浴のコツ② 時間は10分を基本とすべし!

次に入浴時間ですが、10分を基本としてください。

時間が短すぎるとそれぞれの作用の効果が薄れ、逆に長すぎると熱中症になる危険性があります。

入浴のコツ③ 入浴に簡単なストレッチをすべし!

筋トレ後に、お風呂でストレッチすると普段のストレッチより効果が高まります。

それは、体が温まると筋肉の緊張が緩み、ストレッチの可動域を広げてくれるからです。

入浴中は、ストレッチやマッサージのゴールデンタイムと言われていますので、ぜひ実践してみてください。

それは、間違った入浴の知識!?

入浴についても、色々な風説があり多くの情報が飛び交っています。

その中でも、代表的な間違った知識をご紹介します。

もし、間違った入浴方法をしているのであれば、今すぐやめることをお勧めします。

ダメな入浴の知識① 半身浴は痩せない!

特に意識高い系の女子は、半身浴が好きですよね。

しかし残念なお知らせです…

半身浴は痩せません!

半身浴を長時間して、入浴後に体重が0.5キロ落ちたとしても、それは水分が抜けただけです。

全身浴の方がカロリー消化が高く、水圧が強い分むくみ解消の効果も高くなります。

ダメな入浴の知識② 入浴後、温かいまま就寝

よく昔から、お風呂から上がって温かいうちに布団に入りなさいと、親から言われたものですよね。

実はこの行為は、睡眠の質をさげてしまうのです。

質の高い睡眠を得るためには、入浴で体の深部体温を一旦上げてから下げる必要があります。

深部体温が高いままだと、寝つきが悪かったり、眠たくなりにくくなってしまいます。

入浴後、深部体温を下げるには90分必要と言われていますので、就寝の90分前に入浴することを意識しましょう。

ダメな入浴の知識③ 水風呂は危険!

銭湯などに行くと、サウナと水風呂を交互に行く人をよく見かけます。

なんとなく、水風呂は体に良いと思いがちな方が多いです。

しかし、これは命にかかわる危険な行為です。

短時間で大きな温度変化を受けると、激しい血圧変動が起き、狭心症や心筋梗塞の原因になります。

この血圧変動をヒートショックと言います。

サウナ⇆水風呂は、ヒートショックを自ら作っているようなものです。

どうしても水風呂に入りたい人は、30℃くらいのぬるま湯で、体に刺激を与えないことをお勧めします。

効果的な入浴を促進する便利グッズ

ネガティブな話はここまでにして、効果的な入浴を助けてくれる便利グッズを紹介します。

便利グッズ①【入浴剤】別府温泉 薬用湯の花/村上商会

お風呂に入るとき、入浴剤を使う方も多いと思います。

入浴剤の基本的な効果として、主に「温室効果」と「清浄効果」があります。

なので、筋トレ後の休息には、入浴剤は必須アイテムとなります。

その入浴剤の中でも、総合的に優秀なのが…

『別府温泉 薬用湯の花』

別府温泉温泉から取れる、本物のミョウバンを使用しており、温泉気分の香りや殺菌・消毒効果も期待できます。

そして、湯冷めしないポカポカ感を味わえる保温力と、温泉特有のしっとり感も持続します。

何より、価格が安くコスパ性が優れています。

ぜひ一家に一箱!

便利グッズ② サウナ傘

この便利グッズは、自宅のお風呂でサウナ感覚を味わえる優れもの!

温熱効果を高めるのは、入浴剤だけではありません。

このサウナテントを使えば、あなただけのプライベートサウナになり、疲れが抜けていく感覚を体験できます。

便利グッズ③ バスアロマ YURA/ラドンナ

心身ともに癒すには、やっぱりアロマ!

アロマをお風呂で味わえるのが、このバスアロマYURA

しかも、香りで癒してくれるだけでなく、プロジェクター機能がついており、視覚からも癒してくれます。

筋トレで負荷のかかった筋肉と、仕事やプライベートでの心の負荷を、このバスアロマに癒してもらいましょう。

きっと、毎日の入浴が楽しくなるでしょう。

まとめ…

いかがでしたでしょうか?

筋肉を肥大させるには、休息や食事が大切と言われています。

休息の中でも、見落としがちな入浴ですが、少しのことを意識するだけで、効果的に筋肉を休めることができます。

すぐ始めれることばかりですので、ぜひ実践してみてください。

それでは、あなたの体が健康的にカッコ良くなることを心から願っております☆彡

筋トレコンシェルジュ やまピコ

ダイエット, 筋トレ

Posted by yamapco