【新常識】スパイスカレーはダイエットの味方!カレー=太るは時代遅れ!

2020年1月19日ダイエット

お疲れ様です。

筋トレコンシェルジュやまピコです。

ダイエットの天敵って、やっぱり食欲ですよね。

そして、太るとされるメニューに必ずカレーの名前が挙げられます。

特にテレビなどで、おデブタレントさんが「カレーは飲み物」という名言を残すほどカレーはデブ食のイメージが強いですよね。

今回は、ダイエットしている人がカレーを食べたくなったらスパイスカレーを食べればいいじゃん!っていう記事です。

おデブ界に激震が走ります。

カレーが太ると言われている理由

なぜ、カレーが太ると言われているのか、大きく2つの理由があげられます。

まず、太る理由さえ知っていれば、怖い食べ物ではなくなります。

市販のカレールーは糖質と脂質の塊

市販のカレールーの箱を見たことがあるでしょうか?

裏に原材料名の欄があり、入っている分量順に原材料が並んでいます。

そしてカレールーの原材料にまずはじめに書かれているのが食用油です。

その次に書かれているのが小麦粉です。

この脂質と糖質のワンツーフィニッシュ、太らないわけがないですよね。

しかも、そこに糖質である白ごはんがセットとなり、揚げ物のトッピングをすると…

想像するだけでも太りそうですね。

カレーは早食いになりやすい

もう一つ太る理由としては、カレーは早食いになりやすい食べ物だからです。

カレーを食べる時って、ほとんど噛まずに流し込みますよね。

早食いになると満腹中枢が刺激されにくいのでおかわりをしたり、すぐお腹が減ってしまう傾向にあります。

これが、カレーは飲み物と言われるゆえんです。

まさにカレー中毒です。

タニタオンラインショップ

スパイスカレーは太らない!?

今回の議題であるスパイスカレー

最近、関西圏では爆発的に人気となったスパイスカレー。

実は、スパイスカレーには太らない要素がたくさんあるのです。

そもそもスパイスカレーとは?

スパイスカレーとは、簡単に言うとスパイスから作ったカレーです。

そのまんまですよね。

スパイスとは、植物の種子やつぼみ・根茎・樹皮などを乾燥させたもので、食べ物や飲み物に香りや刺激などをつけるものの総称です。

市販のカレールーは、食用油と小麦粉にカレー粉とうま味調味料を混ぜたものです。

これが、日本の一般的なカレーになっています。

しかし、スパイスカレーはカレールーもカレー粉も一切使わずに、スパイスだけで作ったカレーなのです。

それでは、どんなスパイスがどんな効果があるか見ていきましょう。

痩せるスパイス① クミン

クミンには、植物ステロールリモネンという2つの成分が含まれています。

植物ステロールは、コレステロールの吸収を抑える作用があります。

ダイエット効果もあり、血中のコレステロール値が気になる方にも嬉しい成分です。

リモネンも同様に、コレステロールの吸収を抑える作用があります。

さらに、代謝を高める働きもあるので、摂取した際に運動を合わせれば、脂肪を燃やす効果が期待できます。

このクミンを毎日摂取すると減量効果があるという研究結果も出ています。

痩せるスパイス② ターメリック

ターメリックは、カレーを黄色にするスパイスですが、便秘がよくなったり、消化不良を改善する効果があります。

腸の動きを良くする腸活にも、おすすめのスパイスです。

さらにターメリックには、抗酸化作用もありますので、ガンなどの病気や老化を予防する効果があります。

痩せるスパイス③ コリアンダー(パクチー)

コリアンダーも有名なスパイスですよね。

聞きなれない方は、今流行りのパクチーの方がピンとくると思います。

コリアンダーには、消化促進、血行促進、鎮静、殺菌、解毒などの作用があります。

そしてコリアンダーに含まれているβカロチンが優れもの!

βカロチンには、体の錆び付き防止作用がとても高く、美容や健康の維持に活躍する成分です。

体内に入ると必要量がビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つ作用、そして視覚の正常化などの役割も果たしてくれます。

スパイスカレーは自宅で作れる!

今流行りのスパイスカレーですが、自宅でも簡単に作ることができます

巷で流行っているスパイスカレーを食べに行ってもいいですが、何が入っているかわからないし、お金もかかるし…

じゃあ、家で作ってしまえばいいのです。

簡単に作れるスパイスカレーのレシピ動画を載せておきますので、ぜひチャレンジしてみてください。

用意するスパイス

・ターメリック  20g
・クミン     14g
・コリアンダー  12g
・ナツメグ    2g
・カエンペッパー 適量

スパイスカレーで痩せるための注意点

これまでのご説明で、スパイスの効果については理解して頂いたかと思います。

しかし、闇雲にスパイスカレーを食べればいいというわけではありません。

それでは、スパイスカレーで痩せるための注意点をご説明しましょう。

効果的なのは朝に食べること!

朝カレーという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

あの有名なメジャーリーガーのイチローさんも、朝カレーをしていた一人です。

なぜ、朝に食べるのがダイエットに効果的なのか?

それは、朝にスパイスカレーを食べてスパイスの力で体の代謝をあげれば、日中の活動中に脂肪を燃焼してくれるからです。

逆に寝る前にスパイスカレーを食べるのはおすすめできません。

カレーは食欲を促してつい食べ過ぎてしまったり、寝る前に食べることで太りやすくなるからです。

具材は低カロリーの食材を!

スパイスカレーにはスパイスの力があるからといって、具材は何でも良いわけではありません!

肉類は脂分の少ない鶏肉を選んだり、野菜は多めに摂取することをおすすめします。

また、低カロリー高タンパクの豆類が入っているスパイスカレーもおすすめです。

間違っても高カロリーな食材を選んでしまうと、かえって太ってしまいますよ。

白米より玄米!

白米は糖質が高く、砂糖を摂取しているのと同じと思ってください!

しかし、ご飯が無ければカレーライスと言えないですよね。

そこでオススメするのが、白米を玄米にかえることです。

玄米の利点として挙げらるのが食物繊維が多く含まれており、ビタミンB1が豊富。

そして、GI値が低くゆっくりと体に吸収されます。

玄米が苦手な方は『TRICE』

しかし、玄米のニオイや味、食感が苦手な人も多かと思います。

そんな玄米が苦手な方に、やまピコがオススメするのが『TRICE』

このTRICEは次世代のお米とも言われており、

糖質77.9%オフで、カロリー40%オフ、なんとご飯1杯の糖質はたった8.1gなんです。

お米の天敵でもある糖質が、77.9%オフなんて夢のような話ですよね。

この時代に生まれて良かったーーと思えますよね。

そんなにコストがかかるものでもないので、お試し感覚で是非試してみてください。

「TRICE」のご購入はこちらから

まとめ…

いかがでしたでしょうか?

カレーのイメージがガラッと変わったのではないでしょうか。

今まで大好きなカレーを、ダイエットだからといって避けていた人に勇気を与えられたのではないでしょうか。

カレー=デブは時代遅れです!

ぜひ、スパイスカレーでスパイスの力を実感してみてください。

あなたの人生に少しのスパイスを。

それでは、あなたの体が健康でカッコよくなることを心より願っております。

筋トレコンシェルジュ やまピコ

ダイエット

Posted by yamapco