プロテインが太るっていうのは本当?結論…太らないし嬉しい効果しかない!

2020年2月10日ダイエット

「プロテインは太るから摂取しない」なんていう声をよく耳にします。

筋トレコンシェルジュのやまピコです。

プロテインは太ると思っているあなた。

それは完全な誤解です!

結論、プロテインを摂取したからといって、それが原因で太るということはありません。

ましてや、プロテインには嬉しい効果がたくさん隠されていることをご存知でしょうか。

納得のいかないあなたに、なぜプロテインは太らないのか解説し、正しいプロテインの摂取の方法をご紹介します。

この記事を読んでいただくと、プロテイン摂取の効果が理解でき、効率よく理想の体型を目指すことができます。

プロテインは、必ずあなたの味方になります。

それでは、いきましょう!

そもそもプロテインとは?

まず、そもそもプロテインとはなんぞやということをお話しします。

簡単にいうと、プロテインはタンパク質をパウダー状にしたものです。

人間の体は、水とタンパク質でできていると言っても過言ではありません。

筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪までもがタンパク質でできています。

なので、タンパク質が不足すると、体のいたるところで機能不全に陥る可能性があります。

そして、タンパク質の1日の必要摂取量は、一般成人で体重の1キロあたり1グラムと言われています。

普段の食事だけでは必要なタンパク質量を補えないため、そこで必須となるのがプロテインというわけです。

プロテインの種類

一言でプロテインといっても、多くの種類があります。

基本的にプロテインは、大きく3つの種類に分類されます。

プロテインの種類

・ホエイプロテイン
・カゼインプロテイン
・ソイプロテイン

それでは、1つずつご説明していきましょう!

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは牛乳を原料としています。

ホエイプロテインは母乳の成分に近く、低カロリーで栄養が凝縮しております。

体への吸収が早いのが特徴です。

体への吸収が早いため、タンパク質が不足しがちな朝一番や運動直後の補給には最適といえるでしょう。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインの原料も牛乳です。

ガゼインプロテインは、チーズやヨーグルトを固める、一般的に乳固形分と呼ばれるものが主要成分の一つです。

ホエイプロテインが水溶性で体への吸収が早いのに対し、カゼインプロテインは不溶性でゆっくりと体に吸収されます。

ゆっくり吸収され満腹感が継続されるので、ダイエットに向いているプロテインといえます。

ソイプロテイン

ソイプロテインの原料は大豆です。

大豆に含まれるイソフラボンが摂取できるため、女性向けに作られるプロテインの多くはソイプロテインです。

ソイプロテインは、カゼインプロテインと同じく摂取してから吸収されるまでに時間がかかります。

ソイプロテインもダイエットに向いているプロテインとなります。

プロテインを正しく飲めば太らない

それでは、プロテインが太らない理由についてご説明していきましょう。

正しく言うと、プロテインの飲み方を間違えなければ太ることはありません。

ポイントは3つです。

太らないポイント

・自分に合ったプロテインを飲む
・プロテインを過剰摂取しない
・プロテインを牛乳で割らない

それでは、詳しく説明していきましょう。

自分に合ったプロテインを飲む

プロテインには用途別で種類がわかれています。

筋肥大を目的としたもの、減量を目的としたもの、逆に増量を目的としたものに分かれます。

では、それぞれカロリーを比較してみましょう。

 大手減量用
プロテイン
大手筋肥大用
プロテイン
大手増量用
プロテイン
カロリー79kcal83kcal182kcal
タンパク質7.2g15.0g5.9g
脂質0.3g0.8g1.0g
炭水化物4.8g2.7g21.3g

ご覧のとおり、種類によってプロテインの成分は大きく異なります。

太るためのプロテイン以外では、おにぎりを食べるカロリーより低いため、太るという原因に直接むすびつかないことがわかりますよね。

なので、プロテインは自分の目的に合わせて購入するべきなのです。

プロテインを過剰摂取しない

プロテインはおにぎりよりもカロリーは低いものの、カロリーが0ではないので過剰摂取すると太る原因にもなります。

あくまでも正しい食事をしたうえでの補助食品なので、1日に何杯も摂取する必要はありません。

1日3杯を限度として、それ以上は摂取しないように心がけましょう。

プロテインを牛乳で割らない

プロテインを牛乳で割っている人も多いのではないでしょうか?

牛乳200mlあたり、134kcalで脂質7.6gと高カロリー&高脂質です。

牛乳にはタンパク質も含まれていますが、カロリーと脂質のことを考えると水で割るのがベストです。

昔は美味しくないプロテインが多く、牛乳で割って味をごまかしていたのですが、今では水で割っても美味しく飲めるプロテインもたくさんあります。

太らないためにも、プロテインは水で割る習慣をつけましょう。

プロテイン摂取による嬉しい効果

太らないとわかったプロテインですが、嬉しい効果がたくさんあります。

プロテインはゴリゴリマッチョを作るだけではなく、ダイエットをサポートしてくれるなど、自分の理想の体型にしてくれる必須アイテムなのです。

プロテインの嬉しい効果

・筋肉量のアップ
・ダイエット効果
・美容効果がある

それぞれの嬉しい効果について、詳しく説明していきましょう。

筋肉量のアップ

プロテインの効果として真っ先にあげられるのが、筋肉量のアップです。

トレーニングと組み合わせてプロテインを摂ることにより、筋肉を効率よく成長させることができます。

筋肉を成長させる仕組みを「超回復」と言います。

筋トレなどで体に負荷をかけると、筋肉が疲労し筋繊維が傷つきます。

ここで筋肉の修復に必要な栄養素や睡眠をとることによって、筋肉はより太く強くなっていくのです。

このように傷ついて→回復してのサイクルの繰り返しにより、筋肉量がアップし体がどんどん鍛えられていきます。

回復の際に欠かせないタンパク質を効果的に摂取できるのが、プロテインなのです。

ダイエット効果

実はプロテインにはダイエット効果もあります。

ダイエット中に注意したい「食べすぎ」ですが、プロテインは腹持ちが良く少量で満腹感を得ることができます。

これはタンパク質が消化吸収されるスピードが、糖類などの栄養素と比べてゆっくり進むことが理由です。

「プロテインダイエット」というように、普段の食事をプロテインに置き換えることによってダイエット効率を高めることができます。

また効率よくダイエットを進めるためには、いかに基礎代謝を上げるかがポイントです。

筋トレとプロテインによって筋肉量が増えるとそれだけ基礎代謝が上がり、太りにくい体になります。

美容効果がある

プロテインには美容効果もあります。

髪の毛や爪、皮膚などの女性が美しさを保ちたい部分は、全てタンパク質で出来ています。

髪も肌も代謝により古くなったものが出ていき、次々に新しいものが作られるという仕組みで維持されています。

このときに、原材料であるタンパク質が不足すると、美しさを維持することは出来ません。

良質なプロテインは、髪の毛や爪、肌のターンオーバーを助け、状態を良くしてくれる効果が期待できます。

プロテインを選ぶポイント

「プロテインが太らないということ」「プロテインの嬉しい効果」を知ってしまったあなたは、今すぐにでもプロテインを摂取したいことでしょう。

しかし、まだ焦らないでください。

そんなあなたに、プロテインを選ぶ時のポイントをご紹介します。

せっかく買ったのに…とならないためのポイントは3つ。

プロテインを選ぶポイント

・タンパク質含有率を見る
・コストパフォーマンスはどうか
・毎日飲んでも飽きない味か

それではプロテインを選ぶポイントを、1つずつご説明していきましょう!

タンパク質含有率を見る

プロテインで効率よくタンパク質をとるためには、タンパク質含有率を必ず確認するようにしましょう。

タンパク質含有率とは、摂取したプロテイン量の中にどのくらいタンパク質が含まれているかを表した数値です。

たとえばタンパク質含有率が70%の場合、100gのプロテインを摂取したら70gのタンパク質がとれるということです。

タンパク質含有率が高ければ高いほど、少ない摂取量でも多くのタンパク質が摂れるということになります。

結論、タンパク質含有率が高いプロテインを選ぶようにしましょう。

コストパフォーマンスはどうか

プロテインは基本毎日飲むものです。

財布にやさしくて継続して買い続けれるか、コストパフォーマンスも重要な点です。

今では、昔に比べるとプロテインの種類も多くなってきており、安価なプロテインも多く存在します。

安いからといって質が悪いわけではないので、成分やタンパク質含有率などをよく調べて、なるべくコスパの高い商品を購入するのがポイントです。

毎日飲んでも飽きない味か

コストパフォーマンス同様、飲み続けるために重要なのが味です。

最近は美味しい商品が多く販売されていますが、それでも好みによって好き嫌いはあるでしょう。

味ばかりは、やはり飲んでみないと分かりません。

せっかく良いプロテインを見つけたのに、味が苦手では毎日飲み続けることはできません。

気になったプロテインが見つかった場合は、大容量を買わずに小量目サイズで味を確かめるようにしましょう。

筋シェルジュが選ぶ総合No1プロテイン

最後に、筋シェルジュの私が選ぶ総合No1プロテインをご紹介します。

その名も…

ビーレジェンド (be LEGEND )

有名なので聞いたことがある人もいると思いますが、質・コスパ・飲みやすさの全てを兼ね備えているのがビーレジェンド!

特に初心者の方は、ビーレジェンドのプロテイン1択で間違いありません。

ビーレジェンドを選ぶ理由

・世界が認めた高品質プロテイン
・上質なのに低価格を実現
・フレーバー数が20種類以上ある
・タンパク質の吸収に役立つビタミン群を配合

控えめにいって、やっと理想のプロテインと出会えたという感覚です。

まだ半信半疑なあなたに、詳しく説明していきましょう!

世界が認めた高品質プロテイン

ビーレジェンドプロテイン「ナチュラル」は、2019年もモンドセレクションで最高金賞となり、5年連続受賞という快挙!

モンドセレクションでは、「衛生」「味覚」「原料」「パッケージ」などの分野から多面的に審査され、受賞した製品は国際的に通用する製品として評価されています。

そしてビーレジェンドが世界で初めて「プロテイン」としてモンドセレクション最高金賞に輝いたのです。

まさに、世界に認められたプロテインと言えます。

上質なのに低価格を実現

天然の牧草を食べて飼育された牛の乳を使ったグラスフェッドプロテインを使用しています。

最高品質の原料を惜しみなく贅沢に使用しています。

価格は、無理なく継続して飲んでいただけるようにリーズナブルに、1kgあたり税込2,600円~。

たんぱく質1gあたりの価格は、 約3.5円

1食あたり73円でタンパク質含有量74% (※ナチュラル風味) です。

中間マージン省略による徹底的なコストカットに成功した証です。

ビーレジェンド公式ホームページ

フレーバー数が20種類以上ある

ビーレジェンドの特徴のひとつに、フレーバーの多さがあげられます。

なんと、20種以上のフレーバーがあり、自分好みの味を探すことができます。

また、SNSでも話題になったキャラクターとのコラボ味もあります。

嬉しいことにフレーバーのお試しセットも販売されているので、ぜひ自分にあった味を探してみてください。

タンパク質の吸収に役立つビタミン群を配合

下記の成分表を見てのとおり、ビタミンCビタミンB6が含まれています。

栄養成分表示 1食(28g)当たり

エネルギー109.8kcal
タンパク質21.0g
脂質1.5g
炭水化物3g
食塩相当量0.1g
ビタミンC39.8mg
ビタミンB61.0mg

ビタミンCとビタミンB6はタンパク質の吸収を助けてくれます。

タンパク質含有率はホエイプロテインの平均数値ですが、タンパク質の吸収を高めるビタミンCとビタミンB6が含まれているのは、さすがレジェンドですね。

まとめ

プロテインが太らないという点について理解いただけたでしょうか。

念のため、おさらいしておきましょう。

プロテインの嬉しい効果

・自分に合ったプロテインを飲む
・プロテインを過剰摂取しない
・プロテインを牛乳で割らない

最後まで読んでいただいた方は、太らないという点よりもプロテインの嬉しい効果の方がインパクトがあり、飲まずにいられなくなったのではないでしょうか。

まだ筋トレ初心者でプロテインを摂取していない方や、まだお気に入りのプロテインが見つかっていない方は、ビーレジェンドのお試しパックを。

それでは、あなたの体が健康的でカッコいい体になることを心より願っております☆彡

筋トレコンシェルジュ やまピコ

ダイエット

Posted by yamapco